先天的な遺伝要因

 

 

遺伝要因は病気になる可能性を高める


遺伝要因が特定の病気になりやすくする事は広く知られています。
遺伝で発症しやすくなる病気には様々なものがあります。癌もそうですし、高血圧や糖尿病なども遺伝によりなりやすい体質かどうかが決まります。また薄毛なども遺伝要因で発症するものがあります。
遺伝要因も重要ですが、親の生活習慣を受け継ぐ事が病気の発症に大きく影響します。高血圧の親を持つと子どもは高血圧になりやすくなるという事は研究によりわかっていますが、親と同じ体質というだけではなく塩分を多く摂る食習慣やアルコールを摂る生活習慣などが高血圧を発症する要因となっているのです。

しかし親が癌や高血圧、薄毛だからといって、必ずしもその体質を受け継いでいるとは限りません。可能性は高くなりますがはっきりと知るためには遺伝子検査などを受ける必要があります。親が高血圧や癌などになっている場合は、ならないように生活習慣をあたらめる他に検診などを積極的に受けるようにして早期発見につとめる事が大切になります。

遺伝要因が関与すると考えられている
アルゴリズム


現代の医療の発達は目まぐるしく、日々様々な発見がされています。これらの発見発展によって 病気のメカニズムが解明されて数十年前では不治の病とされていた病気も治るようになってきました。 しかし、この世界の病気にはまだ解明されていないものも多く存在していて、難病と闘っている人達も多くいます。一般的に難病と言われている病気には、様々な研究が進められていますが、その多くは遺伝要因が関係していると考えられています。遺伝要因による病気は、あるアルゴリズムが存在していると考えられています。 そのアルゴリズムを解明して、遺伝要因なのかその他の要因が存在するのかが判明すれば様々な難病の治療が確立されることでしょう。 先天的遺伝に関する病気には、このアルゴリズムの解明が必要であります。その解明により先天的遺伝に掛かる病気もいつの日にかは、発症を防いだり、治療が行えるようになるかも知れません。その時までにはかなりの時間を要してしまいますが、いつかそのような日々が来ることを願いたいものです。